HDD ハードウェア

Seaget 500GByte 2.5インチ HDD (ST9500420ASG)レビュー

2009年7月19日

ThinkPad X61の HDDが一杯になってきたので、HDDを交換しました。
今回、購入したのは、ST9500420ASG と言う製品で、2.5inchで、500GByte 7200rpmの製品です。
クリックすると元のサイズで表示します

2次元バーコードが見えます。
クリックすると元のサイズで表示します
ラベルを見ると、中国製の様です。
これまで、同じ ThinkPad X61で、100GByte -> 200GByte -> 500GByte とディスクを交換して来たので、そのデータをまとめると・・
■Seagete SATA 100 GByte 7200rpm (ST910021AS)
クリックすると元のサイズで表示します
■HGST SATA 200G Byte 7200rpm (HTS722020K9SA00)
クリックすると元のサイズで表示します
■Seagete SATA 500 GByte 7200rpm (ST9500420ASG)
クリックすると元のサイズで表示します
多分、10回は測定しておらず、その中でのベストデータのせいかもしれませんが(5回程度だと思います)、全体としてネットに出回っている測定結果よりは、低めに出ました。
それでも100MByteブロックの Sequential Read は、80MByte/sec 超えと、かなり高くなっています。
一番下が今回、交換した 500GByte のディスクですが、100MByte の大きなサイズのブロックの読み書きでは、これまでのHDDより高速ですが、4KByte のブロックになると、その差は 200GByte のディスクと殆ど差がありませんでした。(誤差の範囲に見えます)
騒音や振動については、以前も7500rpmのものを使用していたので、変化した気がしませんが、しばらくすると印象が変わるかもしれないので、後でアップデートしようと思います。
ThinkPadには「ハードディスク・アクティブ・プロテクション・システム」という衝撃時にHDDを保護するソフトウェアが付いているのですが、今回の Seagate の HDDでも問題無く動作している様に見えます。
前回の非純正HDDへの交換時にも特に問題が無かったので、専用のFirmware に依存したものでは無いのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します

-HDD, ハードウェア

Copyright© エンジニアの何でもメモ帳 , 2020 All Rights Reserved.