Linux OS

CentOS 6.5 でVMware プライベート LAN用DNS サーバーを構築する。

2014年7月3日

VMware Workstation のプライベート LAN の中で使う DNS サーバーを、Cent OS6.5 に建てたときのメモ。

インストール

インストールは、とても簡単。BIND というのが DNS サーバー。

# yum -y install bind

これだけ。(のはず。いろいろやっていてクリーンな手順の確立は別途やる必要がある)

構成

構成は、幾つか解説してくれているページがあるものの、複雑だったり環境が違って上手くいかなかったりした。
以下の解説が、自分の用途 (VMware Worksation の閉じた LAN の中で使う)に、あっていた。

内部向け DNS サーバの構築 - Linux で自宅サーバ [ Home Server Technical. ]

インストール方法は、yum でインストールしているのでスキップした。
それなりに難しいので、目をさらにして、自分の環境に会わせて設定を書き換えていく。

その他

作成した DNS サーバーに、別途構築した CentOS のGUI からアドレスを設定しても上手くいかなかった。(元々設定されていた NAT 経由で別の DNS を見に行っている)
/etc/resolv.conf 側に古い DNS が残っていた。元々のエントリーを消して解消。

[root@centos652 ~]# cat /etc/resolv.conf
# Generated by NetworkManager
domain localdomain
search localdomain test.com
nameserver 192.168.66.2 ← VMware の NAT経由の DNSサーバー(正確には NATのLANの出口)。こちらに先に聞きに行っている。
nameserver 192.168.137.120 ← GUI から追加した、新しいDNSサーバー
[root@centos652 ~]

-Linux, OS

Copyright© エンジニアの何でもメモ帳 , 2022 All Rights Reserved.