WordPress ツール・ソフトウェア

VMware環境に WordPress 環境を作成する

2014年7月5日

このサイトのメンテナンス用に WordPress を自分のいつも使用している PC の上に作成しました。
今までは直接自分のPC上に作っていたのですが、長い事サイトをやっているとPCのOSのインストールやマシンの更新などで環境全体が無くなってしまい、メンテ環境を一から作り直す事がなんどもありました。

今回も、うっかり Windows 8.1 で使っていた PC を Windows 7 にダウングレードした時に、環境を失ってしまい、再構築する必要が出てきたので、これを期に VMware 上に作ってみます。

環境の諸元

仮想化 Hypervisor : VMware Player
OS: CentOS 6.5

手順

基本的にネットに公開されている情報で事足りました。
CentOS 7 は、まだ出ていませんが、RHEL 7 がかなり変わってきているそうなので(知り合いからの又聞きですが)、お気を付け下さい。
文章内はCentOS 6.5 での構築で参考にしたリンクになります。

1) Cent OS をインストール

以下からダウンロードしてインストールします。

Download Download CentOSCentOS

2)  Apache、MySQL、PHP をインストール

以下の記事を見ながら、CentOS上に Apache、MySQL、PHP をインストールします。
Linux - CentOSにLAMP環境を構築する – Qiita

3) WordPress をインストール

以下の記事をみながら WordPress をインストールします。

WordPressのインストール(CentOS) - Linux入門 – Webkaru

以上で完了です。

その他にやった事

1) root ユーザーでログインするのが面倒なので、デフォルトで表示されるログイン・ユーザーに sudo の設定をしておきます。

root ユーザーで、以下のコマンドを実行します。

[root@localhost ~]#visudo

以下の行を見つけて、root ユーザーの下に普段使うユーザー(この例は yuhki ) の行を追加します。
これでユーザー yuhki で sudo コマンドが打てます。

## Allow root to run any commands anywhere
root    ALL=(ALL)       ALL
yuhki   ALL=(ALL)       ALL

2) Filezilla をインストールする

データを本番運用の WordPress 環境から移すために、グラフィカルな FTP ソフトが欲しかったので Filezilla をインストールします。

[root@localhost ~]# yum install filezilla

-WordPress, ツール・ソフトウェア

Copyright© エンジニアの何でもメモ帳 , 2021 All Rights Reserved.