Linux OS

RedHatでVNCでアクセスした時のWindow Manager を GNOMEに変更する。

デフォルトで起動すると、以下の様になる。

image

xstartup を編集する。

vi /root/.vnc/xstartup

デフォルトで起動してくる Window Manager は、X標準の TWM で、最低限の機能しか無いので、それを RedHat デフォルトの GNMOEに変更してあげる。

以下の様に編集する。

#!/bin/sh

# Uncomment the following two lines for normal desktop:
# unset SESSION_MANAGER
# exec /etc/X11/xinit/xinitrc

[ -x /etc/vnc/xstartup ] && exec /etc/vnc/xstartup
[ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid grey
vncconfig -iconic &
xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
# twm &  ここをコメントアウト。デフォルトで動いているWindow Managerは、 TWM
/usr/bin/gnome-session   ここを追加 Window Manager をGNOMEにする。

GNOMEを設定しておくと、VNCでログインした時に見慣れた以下の画面になる。

image

-Linux, OS

Copyright© エンジニアの何でもメモ帳 , 2021 All Rights Reserved.