Windows 小技・TIPS

デスクトップの表示領域の外に行ってしまったWindowを元に戻す

ノート・パソコンに外部ディスプレイを使って2画面表示で使っていると、うっかり外部ディスプレイ側で、Window を閉じてしまう事がある。
クリックすると元のサイズで表示します
閉じたときのWinodwの座標を保存して、次回の起動時に同じ場所に表示してくれるタイプのアプリケーションだと、後でディスプレイを取り外し、再びそのアプリケーションを起動した時に、Window の表示領域の外にWindowが現れてしまい、どうしようも無くなることがある。
(2画面でなくても、アプリケーションで終了時等に、計算を間違った座標を保存し、次の起動時にその位置に表示してしまうようなバグがある時に起きる。)
そういう場合は、タスクバーに表示されている「移動」メニューを選択し
クリックすると元のサイズで表示します
→キーを押し続けると、表示領域内にWindowが戻ってくる。
良く忘れるので(今日で4回目くらい。。)ここにメモ。
検索したら@ITにも、ほぼ同じことが書いてあった。「Alt + Space」の後「M」を使う所が、ちょっと高度だ。
@IT:Windows TIPS -- Hint:表示領域外に移動してしまったウィンドウを移動する

-Windows, 小技・TIPS

Copyright© エンジニアの何でもメモ帳 , 2022 All Rights Reserved.