Windows ツール・ソフトウェア

IE タブ エクステンション

今、私は、メインブラウザとして、firefoxを使っている。
↑なんだか、堅い書き出しでr^^;
デザインもIEに比べてシンプルなスキンがそろっているし、軽いし、タブブラウザだし。と、一度使うとIEには戻れなくなる。
クリックすると元のサイズで表示します
今は、↑"Qute 3"というスキンを使っています。
とは、言うものの、万人向けに作られていない勤務先の社内向けのサイトだと、IEで無くては見られないページがあるのも事実で、「あなたのブラウザはIE以外なので、このページは見られません」という表示を返してくる場合がある。

また、WindowsUpdate や、MSNのトップページから見られるビデオニュース等は、そもそもIEでなければ動かない様にできている。
と言う事で、firefoxユーザーは、IEと平行して使っている人も多いと思う。
firefoxには、”エクステンション"という考え方があって、後からいろんな機能を追加できる機構があり、ボランティアでいろんな機能を作ってくれる方がいらっしゃる。
最近、発見したのがIE Tabというエクステンション。
あらかじめ、IEでしか見られないサイトを登録しておくと、そのページへ飛んだ時は、GUIは、firefoxのままで、表示はIEのエンジンを使って表示してくれる。
クリックすると元のサイズで表示します
↑リンク上で右クリックして、「このリンクをIEで開く」を選択すると、Firefox のGUIのままで、新しいタブでページを開かせる事もできる。昔から存在していた、エクステンション「IE view」だと、新たにIEを起動していた。
今、使っているバージョンのIE Tabのバージョンでは、IEエンジンで見ているページの扱いに少し癖があるものの(バックボタンやフォワードボタンの履歴にIEエンジンで見ているページの履歴が残らない様だ)、MSNのページも、WindowsUpdateも全然問題無い。
クリックすると元のサイズで表示します
↑IEで開く必要があるページは、「ツール」メニューから登録できる。
と、IE Tabが便利だったので、ご紹介でした。

-Windows, ツール・ソフトウェア

Copyright© エンジニアの何でもメモ帳 , 2021 All Rights Reserved.