WordPress ツール・ソフトウェア

WordPress での基本的な if 文の書き方

2009年10月12日

忘れた時のためににメモ。

以下の形が基本形。if  の後が、コロン ( :)  になっている事に注意。

<?php  if 条件  : ?>  
処理 A
<?php endif; ?>

以下は、カテゴリID=6の記事だけ、注意書きを出す例

<?php if(in_category('6')) : ?>
          <div id="content">
          <div class="notice">
          <p> このページやサイト内で触れられている価格は、2004/04/01以前のものについては、基本的に消費税抜き価格です。 </p>
          </div>
          </div>
<?php endif; ?>

if ~ else の場合。
if や、 else の後が、コロン ( :)  になっている事に注意。

<?php  if 条件  : ?>  
              処理 A
<?php else :  ?>
              処理 B
<?php endif; ?>

以下は、カテゴリIDが 6 の場合と、そうで無い場合に、表示されるリンクを切り替える例。

<?php if(in_category('6')) : ?>
          <a href="<?php bloginfo('url'); ?>">TopPage </a>&raquo;
          <a href="<?php bloginfo('url'); ?>/archives/category/diy-options"> DIY & OPTIONS</a>
<?php else :  ?>
          <a href="<?php bloginfo('url'); ?>">TopPage </a>&raquo;
          <a href="<?php bloginfo('url'); ?>"> 管理人の独り言</a>
<?php endif; ?>

-WordPress, ツール・ソフトウェア

Copyright© エンジニアの何でもメモ帳 , 2022 All Rights Reserved.