その他 ツール・ソフトウェア

Aero Snap

2009年10月3日

画面の端っこに Window をドラッグして ”コン”という形でぶつけると自動的に、画面サイズをリサイズしてくれるソフト。

Windows 7 の機能を Windows XP / Windows Vista でも実現するツール。

image

例えば、画面の右端に Windows をドラッグしたまま”コン”とマウスカーソルを当てると、画面サイズの丁度右半分の大きさに Window サイズを調整してくれる。

Windowを2つ並べて作業する時は、それぞれのWindowを右端と左端に”コン”と当てるだけで、丁度画面の半分づつのサイズにリサイズされる。
以下の様な画面配置が簡単に作れる。

image

ただ、現在の環境では、ごくまれにこのアプリが落ちる場合がある。でも、再び起動すればいいだけだし、個人的には、手放せないほど便利。
デモ動画は、こちらのサイトで公開されている。

インストール

前提条件は、.NET Framework 2.0 以上
ダウンロードは、こちらから。

設定で変更した所

設定でデフォルトからカスタマイズしたのは、起動時のスプラッシュ画面を消すのと、Hotkey (あるキーを押している時だけ、この機能を有効にする)は使わないのでオフ。
image
2009/10/17追記:「Enable hotkeys」を使えば、Windows + 矢印キーで、画面のサイズを変更できる。マルチディスプレイで、画面の"端"が無い場合でも使えて便利。

画面の上端にWindow を、ぶつけたときに全画面にする機能( Enable top snapping )は、オフにした。たまに間違って、Windowsの移動中に、画面の上端をマウスで触ってしまい、予期せず全画面になる事が度々あったため。
image

-その他, ツール・ソフトウェア

Copyright© エンジニアの何でもメモ帳 , 2022 All Rights Reserved.