その他 ツール・ソフトウェア

World Community Grid の CPU使用率を調整する

2009年10月6日

時々マシンがすごく重たいので、タスクマネージャーを調べたら、World Community Grid のプロセスが CPU使用率の1位と2位だった。

基本的に余っているCPU を使うようになっているが、標準の設定では、少し使いすぎで、PCの突発的な操作をするとCPUが MAXに達してしまい、通常の操作が “カクッ”としてしまうようだ。

CPUの使用率を抑えるための設定をメモ。

CPUの使用率の上限を%で指定する

デフォルトの設定では、CPU使用率に特に指定は無い。

image

「I want to customize my preferences for this computer only」 を選択すると、上限が指定できるようになる。2 core のマシンなので、1core を使い切らない程度の 40% に設定してみた。

image

必ずしも、40%以内に収まるわけでは無く、時たま大きくオーバーするが、大体の場合は、合計で 40% 前後に収まる。

image

タスクマネージャーで合計 40%くらい。というのは実は珍しく、プロセス・レベルでCPU使用率を追っかけていると結構大きく変動している。ただ、CPU使用率全体を折れ線グラフで見ていると、マシン未使用時は、大体40~50%に収まるグラフになる。

cpu

マシンがアイドル状態の時だけ計算をさせる。

「Do work after idle for」という項目で、コンピューターを X分間使わなかったら、計算を開始する。と言う指定もできる。
個人的には、コンピューターを使っていない時間は、殆ど無いので、この指定してしまうと、殆ど計算されないかもしれない。

「通常の使用時は、CPU使用率の上限を40%にして、コンピューターを10分間使用していない場合、CPU使用率の上限を 80% にする」の様に、動的に切り替えられればもっと便利だなぁ。。と思ったり。

-その他, ツール・ソフトウェア

Copyright© エンジニアの何でもメモ帳 , 2021 All Rights Reserved.