CMAFのメリットは “Common” Media File Format との名前の通り、DASH, HLS, Smooth Streaming 等、いろいろな種類が存在するストリーミングフォーマットの形式を統一する事により、ストレージコストや配信効率等、全般的な利便性を向上させる事にあります。

一方でこれまで低遅延での Live 配信に使われていた Adobe Flash Player は、2020年の終わりにアップデートも配信も終了する事が Adobe より発表されています[1]。

On Demand での動画の配信では、HTTPベースのHLS / MPEG DASH 等が Adobe Flash の代換えの標準技術としてその地位を気付いていますが、Live の動画配信では、現時点では Flash で達成できていた 4~5秒程度の遅延を達成するのは厳しい状況にあります。

このような状況もあり、CMAFの低遅延の部分に関する興味が非常に高いと思われるため、低遅延配信について技術者向けにもう少し掘り下げて見たいと思います。

read more

「公開鍵暗号は秘密鍵で暗号化し公開鍵で復号化できる」

よく起きる議論ですが、良く忘れるので、自分のメモとして残しておきます。

公開鍵暗号と言った場合「公開鍵」で暗号化して「秘密鍵」で復号化するシステムを指します。
一度「公開鍵」で暗号化されたデータは、「秘密鍵」を持っている人しか復号化できません。

一方で公開鍵を使った署名の仕組みを解説する時に、「公開鍵暗号は秘密鍵で暗号化し公開鍵で復号化できる」と解説があります。これが間違っている。という解説も同時によく見かけます。

WebでHome Page を公開しているシステムを考えると、Webブラウザはアクセスする Webサイトから証明書(=公開鍵を中に含む)を受け取り、ブラウザ側では、その「公開鍵」を使って自分のデータ(例えばログインユーザーIDやクレジットカード番号)を暗号化し、Home Page にデータを送ります。データは「秘密鍵」を持つ Home Page サーバー側でしか復号化できません。

(と言いたい所ですが、正確に言うと、実際に行われているのは、Webサイトの証明書に含まれる「公開鍵」は、その後の「共通鍵」を交換するための手段として使われ、直接的にデータを暗号化するのには使われません。実際の暗号化に「公開鍵暗号」を使うのでは無く、その場で作成された「共通鍵」を使用するのは、共通の秘密鍵をその場で作成して暗号化に使い、通信完了後に鍵を破棄すればより、片割れが常にネットに公開されている「公開鍵」と違いまったく暗号の手がかりが残らず、暗号としてより強固になる。というメリットがあるためです。)

一方で、公開鍵署名の一つであるRSA署名では「秘密鍵」で暗号化(処理としては復号化)した値を、受け手側で「公開鍵」で復号化(処理としては暗号化)するという変わったプロセスを取ります。
受け取った署名に対して「公開鍵と一緒に暗号化アルゴリズム」に渡して処理をすると「秘密鍵と一緒に復号化アルゴリズム」に渡して処理する前のハッシュ値が得られるという、RSA公開鍵暗号の特殊な性質を利用しています。

これは公開鍵暗号のどの方式でもできる事では無く、特定の公開鍵暗号だけに限られるようで、「公開鍵暗号では、公開鍵だけでなく、秘密鍵で暗号化する事ができる」と一般化してしまうと間違いになってしまいます。

read more

JWS(JSON Web Signature) と JWT(JSON Web Token) を、良く聞くもののちゃんと知らなかったので調べてみました。
JWT は「ジョット」と読みます。

JWS(Json Web Singature) は、RFC 7515 として公開されている規格です。
正確に言い表そうとすると難しいですが、「署名されたJSONオブジェクト」を指している事が通常だと思います。
(RFC的に細かく言うと署名される対象は JSON でなくても良いですが、一般的な文脈では JSON 以外を署名している事は私の観測範囲では見た事がないです)

APIの世界で、APIサーバーがクライアントから受けた APIリクエストが正当なユーザー(許可を与えられたユーザー)からのリクエストかどうかを確認するために用いられています。

read more

ASUSTOR の NAS で使っている HDDの LED が赤くなっていたので、ASUSTOR の「ストレージマネージャー」というツールから確認した所、RAID1 を組んでいるディスクの片方から障害が報告されていました。

使用している HDD は、WD の NAS用 HDDの REDと呼ばれるブランドですが、以前の購入記事から3年半経っており、残念ながらHDDの保証(3年)も切れていました。

ASUSTOR AS-202TE を購入したのでとりあえず開封の儀

read more

パナソニックの NA-VX7200L (最後のL/Rはドアの開く向き) という洗濯乾燥機を使っているのですが、長く使っていると 「U04」というエラーコードがでたり、乾燥に時間がかかってくるようになります。
毎回乾燥後にフィルターを掃除するのですが、長年使っていると綺麗に掃除しているつもりでも、奥のフィルターが目詰まりしてきて空気の流れが悪くなってしまうようです。

発売後、奥のフィルターを簡単に脱着できるように部品が改良されていたので、部品を取り寄せて自分で取り替えました。
部品番号は、AXW2205-8DZ0 で、フィルターフレームとフレームのセットになっています。価格は税抜き800円とお手頃です。
洗濯機本体は2012年9月発売の製品で、部品もヨドバシでもAmazonでも既に販売が終了しており、楽天で見つけて購入しました。

保障内だったので業者を呼んで交換してもらう事も考えましたが、時間を調整して他人を家に上げるのも大変なので、部品だけ購入して、自分で交換する事にしました。

ネジを2本取り出すだけでこの部分のフィルターが外れます。
read more

本当に少量なのですが、毎年年賀状を書いています。
形式的なものは好きでは無いので、小さい文字でくだらない事をたくさんゴリゴリ書いて、個人的に親しい人にだけ、送っています。
子供の頃に友達の間でやりとりしていたような、どうでも良いような事や面白い事を書いた手紙風の年賀状が好きなのです。

私の年賀状の作成方法ですが、作成したのはかなり前ですが、毎年 Word と Excel の住所録で年賀状を印刷しています。
方法としては以下リンク先で公開されている方法で作っています。

年賀状の宛名印刷~ワープロソフト編

1年ぶりにワードを開いて「はがき宛名印刷」を開くと・・・何故かA4になっています。
年に1回しかやらない作業なので必ず使い方を忘れていて、Webを検索し右往左往するのでここにメモしておく事にしました。

image

read more

Logicool_Craft
Logicool KX1000s Craft を購入しました。内容は本体、充電ケーブル、USBドングルとシンプルになっています。

read more

knirps_0

クニルプスX1 (Knirps X1) という傘を使用しています。コンパクトでおしゃれな見た目の傘なので、セレクトショップでもよく見かけます。

私の場合は、現在使っている通勤用のかばんに傘を入れられる防水ポケットが付いており、そこに丁度入るサイズで、開いた感じも小さすぎず実用に耐えられるものを探していた所、この傘にたどり着きました。折りたたむと17.5cmで、このレベルの小型の傘はどうしても小さすぎる事があるのですが、広げたサイズは95cmと小さいながらもそこそこのサイズを保っています。

大変重宝しているのですが、このクニルプス X1 (Knirps X1) は、傘の骨のほとんどがアルミニウムでできているため、簡単に骨が折れてしまいます。とても壊れやすいです。10年以上作られている傘で、しかもドイツ製という事で、質実剛健を期待していますが、素材的にグラスファイバー製の傘に比べて脆い製品になっています。

尚、スペック上は、親骨にアルミとスチールとグラスファイバーを使っている事になっていますが、グラスファイバーは、親骨の先端部分のみに使われており、親骨の太い部分はほぼアルミニウムでできています。

1本目は数か月でフレームが破断し、2本目は折り畳みに気を使い、慎重に使ったのですが、やはり数か月でフレームが破断してしまいました。2本とも、同じ箇所が破断しています。

read more

親が使用できるデジタル機器が iPad だけなので、写真を共有しようとすると iCloud Photo を使用してアルバムを共有するのが便利なのですが、たまに使い方を忘れてしまうので、メモしておきます。

「iCloud フォト」のディレクトリを開く

Windows 10 であれば、「PC」→「iCloud フォト」を開きます。
”デバイスとドライブ”に見えている「iCloudフォト」のアイコンをダブルクリックします。

image

「ピクチャー」側から 「iCloudフォト」のディレクトリにたどり着く事ができますが、これはシステムフォルダ扱いのようで、直接触らないほうが良いように見えます。
フォルダ構造も違い”共有”の他に”Sharing” フォルダがあり、”Sharing” に共有アルバムの写真が置かれていますが、ここに直接写真を置いても共有アルバムは作成されませんでした。

このフォルダがユーザーに見えてしまっていると、iCloudフォトの使い方を混乱させてしまう気がします。

image

read more

WordPress の プラグイン TinyMCE を使用すると、以下のように表を挿入できるボタンができます。

image

こちらで、WordPress上で以下のように 表のプロパティを指定できます。

image

read more